総量規制と限度額の扱い

消費者金融のカードローンを利用する時、避けては通れないのが総量規制による制限です。年収の3分の1までしかお金を借りられず、しかもそれは全社合わせての金額ということで、年収の低い方にとっては上限にすぐ達してしまうという問題があるのです。

 

さらに悩ましいのは、この年収の3分の1という上限の金額はカードローンの利用限度額で計算されてしまうことです。50万の枠で2社のカードを持っていると、残高はゼロでも既に100万円ぶん枠は埋まっている扱いになってしまうのです。カードローンは限度額以内ならばいつでも好きにお金を借りられるので、審査をする側はお金を借りているという扱いで審査をするのです。

 

このことから、不要なカードをむやみに契約するのは考えものです。本当に使いたいカードを作りたい時、以前に作ったカードの限度額に圧迫されて、希望通りの限度額を設定してもらえないことがあるからです。

 

確かに前もってカードを作っておけばいざというときに便利ですが、総量規制に関わるデメリットも生じるので、カードローンの申込先はじっくりと検討したほうが良いでしょう。もし、どうしても新たに使いたいカードローンが出てきた時は、前に契約していたカードを解約してその限度額分を解放するという手もあります。

 

総量規制の対象とならないカードローンなら消費者金融ではなく銀行ですので、メガバンクで信頼も出来るみずほ銀行カードローンの融資も考えておくと良いでしょう。